もりたのおもしろいものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こういう入れ替わりもありじゃない?ナイキのCMがクール過ぎる。

 

どうも、もりたです。

 

最近ようやくいま話題の「君の名は。」をみてきました。前から持ってた知識が入れ替わることだけでしたので、とても楽しんで視聴できました。本題と逸れてしまうので簡潔に感想を述べると、僕も長澤まさみと一緒にバイトしたいです。長澤まさみが出演していることに知ったのは、エンドロールでした。そういう方は僕以外にも多くいると思います。で、入れ替わりものって結構多いと思うんです。

おれがあいつであいつがおれで、みたいな。

それで「君の名は。」見ているときに思い出したのが、このCMなんですよね。

 

 

www.youtube.com

 

このCMすごく好きなんですよ。

世界最高峰のサッカー選手クリスティアーノ・ロナウドとどこにでもいるただサッカーが大好きな少年が入れ替わる話。ボールボーイのチャーリーと入れ替わってしまったクリスティアーノ・ロナウドはそのままチャーリーとして活躍し、自らがプレイしていた舞台へとのし上がっていく。言ってしまえばそれだけの話なんですが、クリスティアーノ・ロナウドの背景を知っているとより深く見ることができます。

 

クリスティアーノ・ロナウドは昔からずっとストイックな男でした。チームでもずっと居残り練習をしていたり、肉体改造に余念を残さず、いつでも自らの体を鍛え上げています。勝利に貪欲で、負けたときは泣いてしまうような一面もある男。そんな彼だからこそ世界最高峰のクラブ、レアル・マドリードでプレーをし続けられるのでしょう。そういう彼がもし実際に入れ替わったとしても、本当にそのまま栄光へと駆け上がっていくと思います。クリスティアーノ・ロナウドを主役に抜擢したのは正解でしょう。

 

このCMのテーマは、努力。どんな境遇であっても努力することで輝きはじめる。どの立場でも、そこで活躍するには誰よりも努力をしなければならない。チャーリーは強制的に与えられたプロの舞台で活躍するために誰よりも努力し、クリスティアーノ・ロナウドはそこまで這い上がるために誰よりも努力する。世界最高峰とはそういう場所。陽気な音楽とともに二人が成功へと駆け上がっていくのは心が湧き立ちます。そして、最終的にいざその舞台で対峙。お互いに目を合わせますが、言葉はありません。そして、目を見張る素晴らしいプレーの応酬。お互いに自分が点を取らないのがとても良いと思います。そして、最後はまた激しい接触があり、お互いが元の体に戻ります。

 

しかし、二人に言葉はありません。力強い握手。そして、一瞬見つめ合うとまた試合に戻っていきます。

 

気持ちの良い終わり。

元気の出るCMで、時折見たくなります。

 

それでは、また。